養育費の支払率を上げる方法

離婚問題はお任せ下さい

「養育費を約束通り払って欲しい。」

ご相談される多くの方がこう願っていますが、
100%安心して養育費の支払いを受ける方法はありません。

ただ100%に近づける方法があり、
それは合意した条件を書面(離婚公正証書)に残すことで出来ます。

【離婚公正証書を作るメリット】

① 強制執行(差押え)が出来る
② 心理的プレッシャーを与える
③ 証拠として残る
④ 離婚後のトラブル防止に役立つ
⑤ 約束を忘れないという意識付けが出来る

離婚公正証書を作ることで①~⑤のメリットが生まれ、
特に①強制執行と②心理的プレッシャーを得られることが大きいです。

①強制執行とは給与等の差押えが出来るので、
仮に養育費等の未払いが生じた時に給与から確保することが出来ます。

離婚協議書では強制執行が出来ないので、離婚公正証書との違いとなります。

次に給与の差押えを行うと、勤務先(上司)に知られる為、
「評価が落ちるから払おう」という②心理的プレッシャーを与えることが出来ます

この心理的プレッシャーは「周囲からの目」を気にする方に効果的です。

このように離婚公正証書を作ることで、
心理的プレッシャーと強制執行という2段構えの備えが出来ます。

もちろん離婚公正証書を作るのにお金(公証役場手数料)はかかりますが、
それに見合うメリットもあるので、1回は作成の検討をして頂けたらと思います。

【関連記事】
養育費ってどんなもの?
養育費の支払方法
養育費の再協議

養育費についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる養育費

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【養育費 2016/11/08】