自分で不倫相手に慰謝料請求出来る?

離婚問題はお任せ下さい

配偶者が不貞行為(不倫)をした場合、
精神的苦痛に対する対価として慰謝料の請求が出来ます。

この請求は配偶者ではなく、不倫相手にすることも出来ます。
(協議離婚に至らなくても請求は出来ます。)

【不倫相手への請求の流れ】

① 連絡する
② 直接会って話しをする
③ 不倫相手が不倫を認める
④ 慰謝料の金額の話し合い
⑤ 金額の合意&支払い
⑥ 示談書を作成

ご自身で慰謝料請求をする場合、①~⑥の流れとなりますが、
「不倫相手に会う」ので、様々な感情を(嫌悪等)を抱えることになります。

この感情を乗り越えたくないという理由から、
不倫相手ではなく、配偶者に請求されるお客様が多いです。

「慰謝料を多く払うから、不倫相手には請求しないで欲しい。」

又、配偶者の中にはこのような話をされる方も多く、
複雑な心境となりますが、割り切ってこの提案を受け入れる方も多いです。

【ご自身の気持ち】

「お金じゃない。」
「不倫相手を許せない。」
「自分で請求する自信がない。」

お金の問題ではなく、このような気持ちになることもあり、
ご自身で請求を出来ない場合は弁護士に依頼をすることになります。

弁護士だと①~⑥の手続きを全て行ってくれるので、
精神的な負担の軽減に繋がりますが、報酬の支払いの検討も必要となります。

こういう訳で不倫相手に慰謝料の請求は出来ますが、
メリットとデメリットを知った上で、慎重に決定することが大切です。
(仮に請求することになり示談書を作る場合はこちらをご覧下さい。)

【関連記事】
W不倫と慰謝料の注意点(前編)
W不倫と慰謝料の注意点(中編)
W不倫と慰謝料の注意点(後編)

慰謝料についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる慰謝料

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【慰謝料 2016/12/02】