離婚後の生活を考える

離婚後の生活も考えて下さい

離婚後の生活に躓かない為にも、
話し合いの段階から生活設計を立てて下さい。

【離婚後の生活設計】

◇ 離婚後の住居
◇ 仕事(収入)
◇ 公的扶助(児童扶養手当等)

離婚後の生活設計に欠かせないものは、以上3点となります。

離婚後の住居については実家に戻る、又は新居を探す、
この2つの選択肢から選ぶという方が多いのではないでしょうか?

実家に戻る場合、ご両親の援助を受けられますが、
所得で判断される公的扶助の減額を受ける可能性が高くなります。

新居を探す場合、お子様の年齢によってはフルタイム勤務が難しいので、
パートの仕事を探したり、収入の穴埋めとして公的扶助の検討も必要です。

当事務所では、20代~30代のお客様が多く、
お子様の年齢が幼いという理由もあって、実家に戻る方が多いです。

給与+離婚給付(養育費等)+公的扶助

離婚後の収入は、この計算式で算出出来ますが、
給与は景気の影響を受け、離婚給付は未払いのリスクもあるので、
確実に計算出来る収入は公的扶助(特に児童扶養手当)だけと言えます。

公的扶助は、所得で判断されるケースが多いので、
支給対象の有無について、離婚前に確認することを忘れないで下さい。
(この確認を怠ると、離婚後の生活設計が狂います。)

公的扶助は、待っていても誰も教えてくれないので、
直接役所に出向いて、積極的に利用出来る制度を確認することが大切です。

離婚前に準備することが、離婚後の生活をスムーズに進めるコツとなります。

【関連記事】
離婚の情報を集める
5分で分かる養育費
養育費ってどんなもの?
養育費の支払率を上げる方法

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚を考える 2016/03/10】