年金分割の仕組みについて

年金制度を理解すれば、年金分割の仕組みも分かりやすくなります。
(スマートフォンでご覧の場合は、横回転にすると読みやすくなります。)

年金分割のご相談はお任せ下さい

【年金制度について】

① 自営業  → 国民年金 
② 専業主婦 → 国民年金
③ 会社員  → 国民年金+厚生年金
④ 公務員  → 国民年金+共済年金

年金制度を簡単に説明すると、老後の生活費を国から貰う為に、
若い間に雇用形態(①~④)に応じて、毎月定められた保険料を納めることです。
(平成27年10月1日から始まった年金の一元化の説明は省略させて頂きます。)

将来年金を受給出来る年齢になった時、
夫と妻の受給額が同じというご夫婦は少ないです。

例えば、夫が③会社員で妻が②専業主婦の場合、
夫は国民+厚生を納め、妻は国民だけを納めているので、
将来2種類の年金を納めている夫の方が妻より多く貰えることになります。
(2種類の年金を納めていることから、③や④は2階建てと呼ばれています。)

婚姻中は夫と妻の受給額を合算したものが生活費となりますが、
離婚してしまうと、受給額の少ない妻は経済的に苦しい生活を送ることになります。

【離婚時の心理状況】

「夫が働けたのは私の支えがあったからなのに・・・」
「働けたからこそ、夫は厚生年金を納めることが出来たのに・・・」

こういった不平等感を解消する為に生まれたのが年金分割であり、
この例の場合は、夫が婚姻期間中に納めた厚生年金の一部を妻に移します。
(つまり、夫の受給額が減る代わりに妻の受給額が増えます。)

青色の仕切り線

年金分割を出来る人&分割方法

分割方法の判断は難しいので、
年金事務所に確認することをお勧めします。

合意分割と3号分割を解説

【年金分割の対象者】

◇ ご自身(会社員)&配偶者(会社員)     → 出来る
◇ ご自身(専業主婦・主夫)&配偶者(会社員) → 出来る
◇ ご自身(専業主婦・主夫)&配偶者(公務員) → 出来る
◇ ご自身(専業主婦・主夫)&配偶者(自営業) → 出来ない

年金分割は婚姻中に納めた厚生・共済年金を分ける制度なので、
主に会社員や公務員等、2種類の年金を納めている方が対象となります。

つまり、全てのご夫婦がこの制度を利用出来るわけではなく、
婚姻期間中のご夫婦の雇用形態によって、利用出来る・出来ないの判断がされます。

次に年金分割には合意分割3号分割という2つの方法があり、
婚姻日や婚姻期間中の雇用形態に応じて、いずれかを選ぶことになります。
(注 2つの方法を併用利用となるご夫婦もいらっしゃいます。)

合意分割はご夫婦の協議で分割割合(分け前)を決定しますが、
3号分割は協議が不要で、離婚した後に申請をすれば自動的に2分の1に分割されます。

両者を比較すると、3号分割が簡単な方法(協議が不要)と言えますが、
その代わり婚姻時期や雇用形態等の条件が厳しくなるので、難しい方法となります。

年金分割ではどの方法に該当するかの確認から始めて下さい。
この判断が難しい場合は、当事務所にご相談頂けたら直ぐに回答させて頂きます。

青色の仕切り線

年金分割の申請について

年金分割の申請は離婚後、
ご夫婦が最寄の年金事務所に出向いて行います。

年金分割の申請は年金事務所で行います

年金分割は離婚を前提とした制度なので、
申請は離婚後に行い、申請先は主に最寄の年金事務所となります。

【申請時の不安】

「一緒に年金事務所に行ってくれるか不安・・・」
「約束した日に、本当に来てくれるか不安・・・」

年金分割(合意分割)の申請は、離婚後年金事務所に、
ご夫婦で出向く必要があり、こういった不安を抱えているお客様が多いです。

この不安を解決する方法としては、公正証書の作成が有効です。

公正証書を作り、文面に年金分割の合意を書けば、
1人で申請することが可能となり、相手に出向いてもらう必要がなくなります。

相手の協力を期待出来ない場合は、公正証書の作成を検討して下さい。

一方、3号分割の申請は合意分割とは異なり、1人で出向いて手続きが出来ます。