チェックシートを使って離婚協議書や公正証書を作成

離婚チェックシートの表紙

養育費のチェックシート

更新

【目次】

○ 離婚チェックシートとは?
○ 離婚チェックシートの使い方
○ 誰に依頼をするか悩んでいる方へ
○ ご依頼者様の声(7名)
○ 無料相談のお問合わせ(全国対応)
○ 離婚コンテンツのご案内(養育費の相場など)
○ 行政書士 辻 雅清のプロフィール

ご夫婦(自分達)で離婚協議書や離婚公正証書の原案を作る場合、
以下の例1~3のように取り決める離婚条件の情報収集からスタートします。

例1「養育費は始期、終期、金額、支払日を決める。」
例2「子どもの大学進学の学費や入院した時はどうなる?」
例3「面会交流は実施回数以外に何を取り決めたらいい?」

この情報収集が不十分な状態で話し合いを始めた場合、
新情報を得るたびに追加協議(二度手間)という非効率的な状況に陥りやすいです。
例)賞与払いという条件もあるから養育費の話し合いをやり直そう。

つまり離婚協議書や離婚公正証書の完成、離婚届の提出が遅れます。
さらに追加協議が増えると情報の整理が追い付かずに混乱しやすくなります。
混乱した状態で作った離婚協議書や離婚公正証書の原案には問題が起きやすいです。

この問題を解消するのが「離婚チェックシート」になります。
ご依頼を頂いた場合は離婚チェックシートをお渡しすることから始めます。
注1)離婚チェックシートのみの販売はしておりません。
注2)弁護士法の規定により、相手方との交渉はお引受できません。

離婚チェックシートとは?

◇ オリジナルのシート
◇ これまでの経験を反映(平成22年5月開業)
◇ 全13ページで63個の条件を掲載
◇ わかりやすいように○×形式を多数採用
◇ 自分達で情報を集める必要はなく時間を節約

これまでの経験を全て反映したオリジナルの離婚チェックシートです。
離婚協議書や離婚公正証書を作る上で必要な条件を全て掲載しています。
養育費面会交流慰謝料財産分与、通知義務、清算条項などを掲載。

つまりご夫婦(自分達)で離婚条件の情報を集める必要は一切ないので、
情報収集という時間の節約や追加協議の回数減少というメリットが生まれます。

当事務所には20代~40代のご依頼者様が多く、
養育費と面会交流に関する条件(共に10個以上)が多数掲載されています。

なお、3年くらい前からは全世代からご相談やご依頼を頂いております。
各世代に応じてテーマになる条件(退職金など)は異なりますが全て対応できます。

何度も内容のアップデートを繰返しています。
つまり開業以来の経験を多数反映したものとなっています。

特に面会交流はアップデートする回数が多いです。
例)子どもの前で父親や母親の悪口を言わない。学校行事への参加の可否など。

離婚チェックシートを送付後に各条件を丁寧に解説します。
そして「回答→回答内容の打合せ」を経て1回目の原案作成に着手します。
この流れで進めることでご依頼者様は協議離婚の知識を蓄えることができます。

原案とは離婚条件を整理し文字化(書面化)したものを言います。
イメージが湧かないという方はこちらに掲載しているのでご覧下さい。

離婚チェックシートの使い方

A 1人で回答する
B 2人で回答する

離婚チェックシートの使い方は2パターンあります。
自分の性格や離婚時の状況などに応じて合う方を選んで下さい。
厳密には3つ目の選択肢もあります。ただ利用される方が少ないので割愛します。

先ずAは1人で回答することになるので、
1回目の原案は自分の希望(気持ち)が100%詰まったものができます。
例)長女の養育費として令和10年3月まで、金4万円を毎月・・・。

そしてこの原案を「叩き台」として配偶者と話し合うことになります。
原案という目に見えるものがあるので口頭だけで話し合うより効率はいいです。

ちなみに自分の希望する条件が全て通る可能性は少ないです。
話し合いの結果、修正や削除を繰返して2回目・3回目と作り直していきます。

当事務所では原案を何度作り直しても追加料金は頂きません。
さらに契約期間はないのでどれだけ時間がかかっても完成までサポートします。

そしてBは2人で見ながら回答することになるので、
1回目の原案は夫婦双方の希望が反映されたものができ上がります。

つまりAとは違って原案を作り直す回数が減ります。
離婚協議書や離婚公正証書の完成、離婚届の提出が早くなりやすいです。

以上で離婚チェックシートに関する説明を終えますが、
「もっと内容を知りたい」と言う方は以下のサイトをご覧下さい。
特にチェックシートの使い方(3パターン)はこのページより詳しく解説しています。

離婚公正証書や離婚協議書をチェックシートを使って作成 ← 当事務所が運営
ご依頼者様からの評価が高いのでチェックシートに特化したサイトを作りました。

最後に離婚協議書や離婚公正証書は作ることが目的ではありません。
離婚後のトラブル防止や養育費などの未払い率を下げるために作るものです。

つまり質が1番大切な要素になるということを覚えておいて下さい。
この目的を理解している人と、していない人の差は離婚後に大きく出てきます。

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。

青色の仕切り線

誰に依頼をするか悩んでいる方へ

離婚後に後悔しないという基準で依頼を決めて下さい

離婚協議書や公正証書はご夫婦にとって大切な書類です。

離婚協議書などの作成を行政書士に依頼する場合、
以下の1~6の基準で依頼の有無を決定するケースが多いと思います。

1.費用が1番安い人に頼みたい。
2.「○万円~」といった追加費用が発生しない人に頼みたい。
3.土日祝・夜間帯も対応してくれる人に頼みたい。
4.大切な書類だから身近にいて対面できる人に頼みたい。
5.費用は高くても1番誠実に対応してくれそうな人に頼みたい。
6.実績があって口コミが多い人に頼みたい。

1~6の基準についてはどれが正解、どれが間違いなどはなく、
各ご夫婦の状況や性格に応じて依頼を決めればそれが正解だと言えます。

こういう訳で自分の中で1番優先度が高い基準をもとに依頼を決めて下さい。

依頼を決定する上でのアドバイスはある?

現在、多くの行政書士が無料相談を実施しています。
積極的に利用して相性、能力、経験値などを確認して下さい。

そして信頼・信用できる行政書士を見つけて下さい。
そうすることで離婚後に後悔する確率が減る離婚協議書などができます。

青色の仕切り線

ご依頼者様の声(7名)

離婚公正証書の原案を作成した愛知県の30代女性

愛知県 30代 女性 離婚公正証書の原案

離婚に際し、離婚公正証書の原案作成を依頼しました。

辻先生にお願いして本当によかったと感じています。

【良かった点】

① 離婚チェックシートがあったこと

非常にわかりやすいです。

養育費、面会交流、財産分与・・・等決めることが山積している離婚問題がこのシートにチェックをしていくだけで明確に決まっていきます。

自身では想定していなかった細かい部分についても言及されていて助かりました。

② 離婚後の手続きリストがいただけること

役所でもらうものよりわかりやすいです。

先生から詳細な説明も受けられることも嬉しいです。

③ 先生のお人柄

物腰が柔らかく親切な先生です。

作成中、夫との話し合いが進まず困っていた時に
「どれだけ時間がかかっても構わない」
「離婚協議の時間より離婚後の生活の方が長いから」と、
私が納得できることを優先してくださいました。

依頼者目線で親身になって話をしてくださる姿勢に救われました。

離婚公正証書を作成した大阪府のご依頼者様

大阪府 離婚公正証書

この度は大変お世話になり、ありがとうございました。

原案も何度も修正いただき、
次から次へと浮かんでくる疑問や不安に対しても丁寧にお答えいただき、
本当に助かりました。

レスポンスも速く、
自宅や希望の場所まで足を運んでいただいたり、親切にご対応いただいたと思います。

HPにつきましても、とても参考になりました。

本当にありがとうございました。

離婚公正証書を作成した女性

女性 離婚公正証書

はじめはメールで相談し、
次に電話で細かい説明をしてくださいました。

無理に契約させようとするのではなく、
まず公正証書を作るメリット、デメリットから丁寧に教えてくださいました。

無知だった私にはとても有難く、
また、信頼出来る方だなぁと感じました。

世間知らずな私の質問にも嫌な顔せず、
ひとつひとつ答えてくださり、レスも早く、スムーズに進める事が出来ました。

公正証書以外の手続きの事なども調べて
教えてくださったり、とても助かり、心強く思いました。

辻さんにお願いして本当によかったと思いました。

ありがとうございました。

離婚協議書を作成した群馬県の40代女性

群馬県 40代 女性 離婚協議書作成

最初から最後までとても分かりやすく親切でした。

落ち度が多くご迷惑をお掛けしましたが、
常に優しく対応して頂き安心しておまかせすることができました。

また、料金も最初のお話しと変わることなく終了しました。

もしまた何かあれば(無い方が良いのですが)またお願いしたいです。

ありがとうございました。

離婚公正証書の原案を作成した女性

女性 離婚公正証書の原案

最初は自分で公正証書の作成をしようとしていたのですが、
色々と調べるうちに面倒になり、委託業者を探していたところに見つけたのが辻先生でした。

HPにもしっかり料金が明記されており、
電話での無料相談の時から非常に優しく対応して頂きました。

実際に依頼してからも、丁寧に教えて下さいました。

作成に必要なチェックリストもシンプルで分かりやすく、
自分で作成していたらもっと時間がかかったと思います。

チェックリストのおかげで、何度も相手と話し合いを重ねずに済み本当に良かったです。

説明に必要な電話連絡も、私の都合に合わせて臨機応変に対応して下さり、本当に助かりました。

料金支払い後にも、いくつか質問してしまったのですが、
丁寧に答えてくださり、非常に心強かったです。

もし行政書士さんを探している人が周りにいたら紹介させてください。

離婚協議書を作成した和歌山県の30代女性

和歌山県 30代 女性 離婚協議書作成

親切丁寧に対応していただき
大変助かりました。

いくつかある行政書士さんに悩むことがありますが、
最終は「人」だと思いました。

きっちり対応していただける安心ある方でした。

わからないことも上からではなく
同じ目線で話して下さると思いました。

お願いして良かったです。

離婚公正証書の原案を作成した女性

女性 離婚公正証書の原案

この度は4ヶ月間本当にお世話になりました。

離婚に際して公正証書を作成したいと思いましたが、
どんな内容にすべきか、どうやって作るのか、全てにおいて無知でした。

又、仕事・子育て・家事に加えて離婚という精神的負担から
自分で調べる気力も残っておらず、何件かお電話した中から対応が丁寧だった辻先生にお願いする事にしました。

正直無料相談といってもどんどん金額が上がっていくんじゃ・・・
と不安もありましたが、そんな事は全くなく!!!
私は九州在住なので大丈夫かなと心配もありましたが、こちらの都合優先で電話で丁寧な説明をして下さり、
分からない所や希望、困った事など本当に優しく丁寧に教えて下さりました。

離婚チェックシートも本当に細かく丁寧に分かりやすく作ってあり、
こちらがどうしたいかにチェックを入れるだけなのも無知な人間には有難く、
どうしたいのか決まっていないものや悩んでいる点などは電話にて丁寧に教えて下さりました。

自分がどうしたいのかも明確になり、気持ちの面でも整理しやすかったです。

又、チェックシートは離婚に関する事を網羅してあり、
公正証書が出来た後に抜けがあるんじゃ・・・という不安や心配が一切ない事も心強かったです。

私自身いっぱいいっぱいで御迷惑をたくさんかけてしまったと思いますが、
穏やかで優しく丁寧に何度も教えて下さった辻先生のおかげで納得のいく公正証書を作る事が出来ました。

対応も迅速で電話・メール・郵送などとにかく仕事が丁寧で早く、
スムーズに進める事が出来たのも辻先生のおかげです。

公証役場の事、離婚後にやるべき事、確認する事など
原案が出来た後も最後まで寄り添って頂き、感謝してもしきれません。

本当に心強く、辻先生にお願いしてよかったと心から感謝しております。

辻先生がいなければ今笑顔で子供達と過ごせていなかったかもしれません。

遠方で直接お会いする事はなかったですが、
やりとりの中で辻先生の優しさがたくさん伝わり、
私の気持ち最優先で支えて下さった事、忘れません。

前を向いて頑張っていきます☆☆

コロナ禍ですが、どうかお身体ご自愛下さい。

本当にありがとうございました。=^_^=

他にご協力頂けたご依頼者様の声はこちらをご覧下さい。

青色の仕切り線

無料相談のお問合わせ(全国対応)

養育費の決め方や面会交流の取り決め例に関するお問合わせ

青色の仕切り線

プロフィール

著者は行政書士の辻雅清

平成20年度の行政書士試験に合格しました。(3度目の挑戦です。)
合格後の準備期間を経て平成22年5月に大阪府大東市にて開業しました。

開業から現在に至るまでご依頼者様とのご縁を大切に考え、
少しでもお役に立てるように日々、自分は何ができるかと考えております。

養育費の決め方・面会交流で取り決める条件などで悩んでいる皆様に対して、
離婚協議書や離婚公正証書の作成を通じてサポートさせて頂きます。(全国対応)

今現在悩んでいる、疑問点を抱えているという方はお気軽にご相談下さい。

ご連絡をお待ちしております。 行政書士 辻 雅清。

プロフィールの詳細はこちらをご覧下さい。

行政書士辻法務事務所
行政書士 辻 雅清
所属:日本行政書士会連合会(登録番号 第10260068号)
所属:大阪府行政書士会(会員番号 第005810号)
資格:行政書士、MOS(Word・Excel)、日本漢字能力検定2級

事務所:大阪府大東市寺川5丁目18-73
電話番号:072-871-9922/090-8886-9922
主要業務:離婚協議書作成、離婚公正証書原案作成

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。