離婚したいと思ったけど何をすればいいの?

協議離婚、養育費、財産分与、離婚協議書・・難しい。
こういった疑問や不安の解消、離婚の準備について解説します。

離婚の疑問を解決する行政書士の辻雅清

離婚したいと思って、離婚の準備を始めたけど、
難しい言葉、用語が多くて整理出来ないという方が多いです。

Q「離婚の手続きって何種類あるの?」
Q「そもそも私って離婚してもいいですか?」
Q「円満離婚をするためにはどうしたらいいの?」
Q「子供がいる(いない)場合、何を話し合えばいいの?」

このような離婚に関する疑問や不安の声をよく頂戴します。
特に「離婚」という文字が頭によぎった時に、お伺いするケースが多いです。

このウェブサイトでは離婚の疑問や悩みを解決するために、
離婚公正証書の原案作成などに力を入れている行政書士の辻 雅清が
養育費などの離婚問題、離婚協議書、離婚公正証書について徹底解説します。

【目次】

● 離婚問題で悩んでいる方へ
● 離婚協議を終えた方へ
● 離婚協議書と離婚公正証書作成に自信があります
● 行政書士辻法務事務所の特徴
● お客様への3つのお約束
● まとめ

【重要 メールでのお問合わせについて】

メールにてお問合わせを頂いた場合、
受信後、早くて1時間、遅くても24時間以内に返信しております。

ご相談者様がメール送信後、24時間経過しても返信がない場合、
不具合(送信出来ないという通知が届くなど)が起きている可能性があるので、
申し訳ないのですが、再度、別のメールアドレスよりお問合わせを頂きたいです。

又はお電話にてお問合わせ頂けると、確実に対応することが出来ます。

宜しくお願い致します。(令和3年9月7日)

【プロフィール】

2010年5月 大阪府大東市に行政書士辻法務事務所を開業。

開業準備中、社会の厳しさ、自分の考えの甘さを痛感し、
このままではダメだと思っていた時に偶然、友人から離婚相談を受けました。
この相談をきっかけに離婚公正証書の原案作成などに力を入れることになりました。

初志感謝

開業当初の気持ちを忘れず、ご依頼者様への感謝の気持ちを忘れない。
この言葉を大切にして、日々、協議離婚で悩んでいる皆様と向き合っています。

青色の仕切り線

離婚問題で悩んでいる方へ

各ご夫婦によって抱える疑問や出発点は異なります。
1つ1つ丁寧に整理することで、離婚届の提出時期が早まります。

離婚問題は1つ1つ丁寧に整理して進めて下さい

離婚に関するQ&A(全57項目)の詳細版はこちらのページに掲載しております。

Q いきなり妻(夫)が離婚をしたいと言ってきました・・・
A.落ち着いて理由を聞くことから始めて下さい。

Q 離婚にはどんな方法がありますか?
A.主に話し合いで進める協議離婚、裁判所が関与する離婚があります。

Q 性格の不一致は離婚原因になりますか?
A.性格や価値観の不一致を理由に離婚を選択するご夫婦は多いです。

Q 離婚準備は何から始めたらいいですか?
A.夫婦間の協議を円滑に進めるためにも離婚情報の収集が必須です。

Q 離婚前に別居しても問題ないですか?
A.冷却期間としては良案ですが、財産状況の確認をするなどの注意点もあります。

Q 離婚するなら子供のことも考えないと・・・
A.親権、養育費、面会交流、離婚後の戸籍や姓などについて考えて下さい。

Q 養育費は何を決めたらいいですか?
A.最低でも始期、終期、金額、支払日は決めるようにして下さい。

Q 養育費の相場ってありますか?
A.目安として使える相場はあります。養育費算定表を相場として考える方が多いです。

Q 慰謝料の請求は出来ますか?
A.離婚の原因が不倫や暴力の場合は請求することが出来ます。

Q 財産分与はどう進めたらいいですか?
A.先ずはメモ用紙に財産の一覧表を作ることから始めて下さい。

Q 離婚届はどこでもらえますか?
A.お住まいの地域の役所の窓口でもらえます。

Q 将来後悔しないためにはどうしたら良いですか?
A.お互いが納得出来るまで、正しい知識を使って話し尽くすことが大切です。

青色の仕切り線

離婚協議を終えた方へ

離婚届を提出すれば終了という流れになりますが、
その前に離婚協議書や離婚公正証書作成という選択肢を知って下さい。

離婚協議を終えた後の選択肢

一般的に子供の養育費などの離婚協議が終了すれば、
役所に離婚届を提出して、協議離婚は成立(終了)となります。

この流れだと、合意した離婚条件は口約束で終えることになります。

離婚後、口約束で終えると↓のようなトラブルが起きる可能性があり、
元配偶者の勘違いではなく、悪意があると証拠がないので水掛け論になります。

元夫「養育費は毎月4万円だったよね。」
元妻「違うよ。毎月5万円払うって言ったよね。」

悪意とは「わざとウソをつく行為」を指しています。

このようなトラブルは書面という証拠があれば回避出来ます。
具体的には↓のように、合意した養育費の条件を書面に記載します。

元妻「5万円払うって書いているでしょ。」
元夫「ごめんなさい。僕が間違っていました。」

この書面を離婚協議書、又は離婚公正証書と言います。
離婚協議書の詳細はこちら、離婚公正証書の詳細はこちらをご覧下さい。

ちなみに上記例では養育費のトラブルを挙げましたが、
慰謝料、財産分与など、他の離婚条件についても証拠として利用出来ます。

書面に残すことで、離婚後のトラブル防止というメリットがあります。

書面完成までのハードルは高く、時間がかかる可能性もありますが、
この機会に離婚協議書や離婚公正証書を作るという、選択肢を知って下さい。

尚、離婚協議書や離婚公正証書にはトラブル防止以外のメリットもあります。

青色の仕切り線

離婚協議書と離婚公正証書作成に自信があります

ご縁を頂いたお客様に対して、
当事務所では8つのサービスをご提供させて頂きます。

離婚相談は無料で実施しています

1.報酬は離婚協議書、離婚公正証書完成後に請求させて頂きます。
→ 作成前に報酬の支払(いわゆる着手金)をお願いすることはありません。

2.報酬の分割払い(利息0円)も可能です。
→ お客様に支払回数と額を決めて頂きます。 → 料金案内

3.相談実績が豊富なので、最適なアドバイスや離婚の方法をお伝え出来ます。
→ 過去5年間の相談実績は1046件です。

4.十分なヒアリングを通して、今やるべきことを整理してお伝えします。
→ 併せて離婚協議書や離婚公正証書完成までの最短の流れもお伝えします。

5.必要な知識や情報をお伝え出来るので、自信を持って話し合いに臨めます。
→ 養育費の相場など、離婚の正しい知識や情報を集めるという離婚準備が大切です。

6.些細な疑問でも気軽に相談出来る環境作りに励んでおります。
→ 意思の疎通を密に取り、内容の濃い離婚協議書や離婚公正証書を作ります。

7.トゲトゲしい感情を抱かないオリジナルの文面を作ります。
→ 各ご夫婦の意向に沿った、後悔しない離婚協議書や離婚公正証書を作ります。

8.どれだけ時間がかかっても、完成を急かすようなことはしません。
→ 半年かけて離婚協議書や離婚公正証書を作られた方もいらっしゃいます

青色の仕切り線

行政書士 辻 法務事務所の特徴

離婚協議書や離婚公正証書の作成はお任せ下さい。
お客様からご好評を頂いている3つの特徴をご紹介します。

離婚チェックシートを使って作ります

離婚チェックシートを活用

これまでの経験を全て反映したオリジナルのチェックシートには、
離婚協議書や離婚公正証書を作る上で必要な協議事項を全て掲載しています。

(養育費、面会交流、慰謝料、財産分与など、計13ページ63項目を掲載。)

チェックシートがあれば、離婚協議書や離婚公正証書の知識や情報は不要です。
つまりこのページや他のページを見て知識や情報を集める必要は一切ありません。

当事務所ではチェックシート+ヒアリングを通じて、
各ご夫婦の意向に沿ったオリジナルの離婚協議書や離婚公正証書を作ります。
詳細は離婚チェックシートとはをご覧下さい。

離婚後の手続きリストをプレゼントします

離婚後の手続きリストをプレゼント

離婚届を提出した後にしか出来ない手続きも多々あり、
子供の氏の変更許可申立などの流れを分かりやすく解説しています。

(離婚届、離婚時の氏を称する届、子供の氏の変更届など、計13ページ掲載。)

協議離婚が成立しても、これらの手続きが残るので、
離婚協議書や離婚公正証書の完成はゴールではなく通過点と言えます。

全国各地から離婚相談を受けてます

全国対応で作成します

全国各地からご相談やご依頼を頂いており、
電話、メール、郵送、面談などを用いて、離婚協議書や離婚公正証書を作ります。

(注 相手方との交渉は弁護士法の規定によりお引き受け出来ません。)

離婚公正証書を作る公証役場には、住所地管轄(制限)がないので、
代理人制度を利用すれば、どの地域にお住まいでも大阪の公証役場で作れます。

(注 支払者の意識向上のためにも、夫と妻が出向いて作ることをお勧めします。)

離婚協議書の作成には公証役場は関与しないので、
当事務所が責任を持って着手から完成まで対応させて頂きます。

青色の仕切り線

お客様への3つのお約束

離婚協議書や離婚公正証書の作成に力を入れています。
お客様の安心とご満足の為に、最大限のサポートをお約束します。

離婚相談を無料で実施中です

私との相性や経験値などを確認して頂きます

⇒ 離婚協議書と離婚公正証書の違いから説明します。
  無料相談でも全力で回答するので、様々なご質問をお寄せ下さい。

⇒ 相談終了後、直ぐに依頼を求めることや、
  営業の電話やDMを送ることはないので、ご安心下さい。

⇒ 交通費不要で出張無料相談(大阪府内限定)も実施しています。

分かりやすい料金プランです

追加料金ナシの一律料金です

⇒ 1.離婚協議書作成 4万円(税込)
  2.離婚公正証書の代理作成 5万円(税込)
   (ご夫婦の代理人として辻が公証役場に出向いて作ります。)

⇒ 報酬は離婚協議書、離婚公正証書完成後の請求なので、
  作成前に報酬の支払(いわゆる着手金)をお願いすることはありません。

土日祝や夜間帯も対応します

密なコミュニケーションを大切にします

⇒ 事前予約制ですが、土・日・祝、夜間帯も対応します。
  仕事や育児の関係で日中の連絡が困難な場合は、お気軽にご利用下さい。

⇒ 離婚協議書や離婚公正証書は簡単に作れるものではなく、
  お互いに何度も話し合って葛藤しながら完成させるものなので、
  その過程における疑問や悩み等は、じっくり時間をかけてお伺いします。

青色の仕切り線

まとめ

離婚問題で悩んでいるあなたへ。
1人で全てを抱え込まず、いつでもお気軽にご相談下さい。

離婚問題で悩んでいる方へ伝えたいこと

離婚問題に関するこのページを
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

離婚問題、離婚協議書、離婚公正証書などを説明しました。
「離婚の準備が分からない」という状況が少しでも緩和されれば幸いです。

協議離婚は話し合いで進めることになり自由度は高いですが、
その代わり「自己責任」を伴うので、後悔しないように慎重に進めて欲しいです。

離婚協議の時間より、離婚後の人生の方がはるかに長いです。
この視点を持って、忘れずに、養育費などの離婚条件に関する準備を進めて下さい。

「協議離婚の仕組みが分からない。」
「養育費の相場の計算方法が分からない。」
「どうすれば効率良く進めることが出来るか知りたい。」
「出来ることなら、離婚協議書や離婚公正証書を作りたい。」

今このようなお悩みがあれば、一度お問合わせ下さい。
離婚協議書や離婚公正証書作成を通じて、サポートすることが出来ます。

当事務所では初回無料相談(面談、電話、メール)を実施しております。
相談中、相談後に依頼を求めるような行為はしないのでご安心下さい。→ 無料相談

お待ちしております。 行政書士辻法務事務所 代表 辻 雅清。