家具や家電の財産分与は大切です

離婚問題はお任せ下さい

今回は動産の財産分与についてお伝えさせて頂きます。

財産分与とは婚姻期間中に得た財産を夫婦間で分ける制度であり、
お金(預貯金等)や不動産の存在を知っていても、動産を知らない方が多いです。

【動産の財産分与】

① 家具
② 家電

動産の財産とは①家具や②家電のことを言い、
婚姻~離婚までに購入したモノを対象に話し合うことになります。

ちなみに独身時代に購入したモノや嫁入り道具は、
「結婚前」に個人が得た財産となるので、財産分与の対象から外れます。

つまりその財産を分ける必要はありません。

妻「冷蔵庫と洗濯機は欲しい。」
夫「その代わり、テレビは譲って欲しい。」

協議離婚は夫婦間の話し合いで進める離婚なので、
動産の財産分与でも、このような形で相手と協議を行い結論を出します。

「わざわざ動産まで話し合わなくても・・・」

離婚の話し合いの段階で動産について話し合わないと、
離婚後、一方から「やっぱり欲しい」と言われる可能性があります。
(例 やっぱりエアコンをもらいたい。)

このような離婚後のトラブルを防ぐためにも、
動産の財産分与は細かくて面倒だと言われがちですが、
養育費等の離婚条件と同様に大切なので、この機会に是非覚えて下さい。

当事務所では離婚協議書、離婚公正証書を作成していますが、
トラブル防止のため財産分与の合意を残したいと考えるご依頼者様は多いです。
(例 離婚後、お互いが家具や家電をもらいたいと言わないようにしたい。)

離婚協議書についてはこちら、離婚公正証書についてはこちらをご覧下さい。

離婚協議書、又は離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合は、
財産分与などの条件を記載した離婚チェックシートの送付から始めています。
全13ページで63個の条件(特に養育費、面会交流が多い)を記載しています。

離婚チェックシートがあれば離婚情報を集める時間を省略出来るので、
離婚協議書や離婚公正証書の完成、離婚届を提出する時期を早めることが出来ます。
(例 動産とは家具や家電を指しているという情報を集める必要がない。)

つまりこのページや他のページを読んで情報を集める必要はありません。
詳細は離婚チェックシートとはをご覧下さい。

【関連記事】
動産の財産分与はどこまで話し合うべき?
家具や家電の財産分与は口約束で終える?
理想的な動産の財産分与の終え方
動産の財産分与の公証役場手数料
養育費ってどんなもの?
不動産の財産分与は難しい?

財産分与についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる財産分与

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【財産分与2 2017/02/07】