離婚慰謝料について

離婚慰謝料を考えたら、請求する権利の有無を確認して下さい。
(スマートフォンでご覧の場合は、横回転にすると読みやすくなります。)

不倫慰謝料のご相談はお任せ下さい

離婚慰謝料とは、婚姻期間中に相手から受けた
精神的苦痛・肉体的苦痛をお金で解決することを言います。

離婚慰謝料の請求の可否は、離婚原因によって判断されます。

相手の不倫(不貞行為)や暴力(DV)が原因の場合は請求が可能で、
性格の不一致や価値観の違いが原因の場合は、慰謝料の請求が出来ません。

【離婚慰謝料の請求の可否】

◇ 請求出来る  → 相手の不倫や暴力
◇ 請求出来ない → 性格や価値観の違いor金銭感覚のズレ

離婚原因が相手の暴力の場合は、直接協議するのが難しい(危険)ので、
弁護士へ依頼(代わりに交渉)するか、調停の申立を検討するようにして下さい。

尚、不倫を原因とする慰謝料請求のご相談が多いので、
当ページでは、不倫慰謝料についてやさしい言葉で解説させて頂きます。

青色の仕切り線

不倫慰謝料の請求相手

不倫相手への請求は負担が大きいので、
様々な葛藤はありますが、配偶者への請求をお勧めします。

不倫相手への請求は精神的な負担が大きいです

【不倫慰謝料の請求相手】

① 配偶者
② 不倫相手
③ 配偶者&不倫相手

離婚原因が不倫の場合、①~③の請求方法があります。

あなたの自由な意思で請求相手を決めれますが、
慰謝料を多く渡す代わりに不倫相手をかばう配偶者が多いので、
複雑な心境ですが、割り切って①配偶者に請求するお客様が多いです。

【不倫相手に請求する場合の流れ】

1. 不倫相手に対して連絡をする
2. 慰謝料の希望金額を伝える
3. 不倫相手からの支払い&示談書の作成

様々な葛藤を乗り越えて、不倫相手に慰謝料請求をする場合、
直接対峙して交渉する必要があるので、あなたにとって大きな負担となります。

又、相手に支払いの意思があっても、希望額を受入れるとは限らないので、
このような場合には、あなたの代わりに交渉が出来る弁護士への依頼をお勧めします。
(注 当事務所では相手方との交渉はお引き受け出来ません。)

青色の仕切り線

不倫慰謝料の相場&分割払い

慰謝料額では相手の支払能力を考慮し、
分割払いの場合は最低限5項目を決めて下さい。

慰謝料は分割払いになるケースが多いです

慰謝料の額はご夫婦の協議で自由に決定出来ますが、
感情的になって現実的ではない金額にすると、未払いに繋がるのでご注意下さい。

慰謝料の相場に関するご相談をよく受けますが、
相手の支払能力に左右されるので、具体的な額をお伝えするのが難しいです。

こういう訳で、当事務所のお客様の中でも、
不倫を原因とする慰謝料については、50万円~300万円と幅広く分かれています。

不倫慰謝料の協議では感情的になりやすいので、
第3者(ご両親や友人)を交えて話し合えば、スムーズに進む可能性が高まります。

【分割払いの場合に決めておくこと】

① 支払始期 → 離婚届を提出した翌月
② 支払終期 → 始期に分割回数を足す
③ 金額   → 協議で合意した金額
④ 支払日  → 協議で合意した日
⑤ 振込先  → あなたの口座

慰謝料の支払方法については、一括ではなく分割払いになるケースが多いです。

慰謝料を分割払いにする場合は、最低限①~⑤を決めて、
特に③の金額については、相手の離婚後の生活シュミレーションを行い、
自由に使えるお金の範囲内で算出することが、安定して貰えるコツとなります。
(生活シュミレーション=給与-ローンを含む生活費)