離婚協議書の情報を集める

離婚問題はお任せ下さい

【効果的な離婚協議書の作り方】

① 離婚協議書の情報を集める
② 何を記載するかを考える
③ 法的に有効な書面にする

離婚協議書を作る場合、この3つのポイントが大切なので、
今回は①離婚協議書の情報について、分かりやすくお伝えします。

【チェックポイント】

◇ 何を話し合ったらいいか分からない
◇ 離婚条件の情報を集めることから始める

離婚協議書は離婚条件を書面に残したものなので、
夫婦間での話し合いを終えないと、離婚協議書を作ることは出来ません。

↓のような疑問を抱えているご相談者様は多く、
この疑問を解決する方法として、離婚協議書の情報を集めることが効果的です。

「何を話せばいいか分かりません・・・」

情報を集めた上で整理を行えば、自然と話し合う内容が見えてきます。
情報が集まる=質の高い離婚協議が出来るので、中身の濃い離婚協議書が出来ます。

「具体的にどのような情報を集めたらいいですか?」

各ご夫婦の離婚原因、現在の状況に合った、
離婚条件に関する情報を集めるようにして下さい。
(例 子供がメインテーマだから、子供の条件に関する情報を集める。)

離婚条件とは養育費慰謝料財産分与年金分割などを言います。
こういった情報の集合体(離婚条件をまとめたもの)が離婚協議書となります。

離婚条件の情報を集めることが、離婚協議書の情報へと繋がっていきます。

最近はインターネットで集める方が多いですが、
書籍、離婚経験者、専門家などからも集めることが出来ます。

こういう訳で失敗しない離婚協議書を作るためには、
最初のステップとして、様々な媒体から情報を集めることが大切です。

2017-06-28に公開したコラムですが、
一部修正を行い、に再度公開しました。

【関連記事】
離婚協議書に何を書くか考える
法的に有効な書面にする
離婚協議書完成までの流れ
離婚協議書を作るメリット

離婚協議書についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる離婚協議書

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。