離婚協議書と公正証書の違いをわかりやすく解説

離婚協議書と公正証書の違いとは?

公開

【目次】

○ 知っておくべき違いは3つ
○ 離婚チェックシートを利用しませんか?
○ ご依頼者様の声(4名)
○ 無料相談のお問合わせ(全国対応)
 ‐ 離婚コンテンツのご案内(離婚協議書作成など)
○ 行政書士 辻 雅清のプロフィール

夫婦間で合意した離婚条件を書面に残す場合、
離婚協議書、又は離婚公正証書どちらかを作成します。
注)基本的に両方を作成するという選択肢はありません。

ここではどちらを作成すればいいか悩んでいる方に対して、
わかりやすい言葉を使って離婚協議書と公正証書の違いをお伝えします。

知っておくべき違いは3つ

① 作成方法の違い
② 作成費用の違い
③ 強制執行(差押え)の有無

先ず①作成方法の違いからお伝えします。

離婚協議書は自分(夫婦)で作成できます。
一方、公正証書は全国各地にある公証役場でしか作成できません。

公正証書の完成は各役場の予約状況次第ですが2週間程度かかります。
最近、新型コロナウイルスの影響で予約が取りにくいケースもあるようです。

当事務所のご依頼者様の場合、離婚協議書は1か月程度、
公正証書は原案作成~完成まで1~2か月程度で終えることが多いです。

次に②作成費用の違いをお伝えします。

離婚協議書の作成を行政書士に依頼をすれば費用がかかります。
ただ自分で作成する場合はコピー代程度で済むので実質0円でできます。

一方、公正証書を作成する場合は公証役場手数料が必要です。
どの夫婦でも手数料の支払が必要になるので0円で作成はできません。

尚、公証役場手数料は合意した条件の金額に応じて決まります。
(例 養育費は○万円だから公証役場手数料は○万円かかる。)

作成費用の詳細は下記ページをご覧下さい。

離婚協議書作成にかかる費用-自分作成の注意点も解説
離婚公正証書作成にかかる費用‐公正証書を0円で作れない理由
養育費の公証役場手数料を知りたい

最後に③強制執行(差押え)の有無をお伝えします。

離婚協議書には強制執行の効力がありません。
一方、公正証書は公証役場で作成されるので強制執行の効力があります。

強制執行とはお金を支払う約束が破られた場合、
裁判などを行わずに元配偶者の財産(預貯金など)の差押えができるものです。
(例 養育費を払ってくれないから元夫の財産を差押える。)

この強制執行という効力は非常に大きく離婚協議書と公正証書の決定的な違いです。

どちらを作成するか悩んでいる場合は効力の大きさを考えて、
完成までのハードルは高いですが離婚公正証書の作成をお勧めします。

離婚協議書と公正証書の違いを理解できた後は共通点も調べて下さい。

【関連記事】
離婚協議書完成までの流れ
行政書士と離婚協議書の関係
離婚協議書を作るメリット
離婚公正証書に年金分割を書く

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚協議書の基礎 2023/03/05】

青色の仕切り線

離婚チェックシートを利用しませんか?

離婚チェックシートの概要

離婚協議書や離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合、
これまでの経験を反映した離婚チェックシートの送付から始めます。
注)離婚チェックシートだけの販売は行っておりません。

当事務所オリジナルの離婚チェックシートは、
都度バージョンアップを行い、現在は第14版となっています。

離婚チェックシートとは

1.計13ページ63項目を掲載
2.協議離婚に必要な情報を全て網羅
3.わかりやすいように○×回答形式で掲載
(注)一部手書きでの回答項目もあります。

主に養育費・面会交流、財産分与・慰謝料・年金分割の情報を掲載。
20代~40代のご依頼者様が多いので養育費と面会交流の項目が多いです。

なお、3年位前からは世代を問わずご依頼を頂いております。
世代に応じてテーマになる離婚条件(退職金など)は異なりますが全て対応できます。

具体的には以下のように掲載されています。

10番「養育費の分割払いの終期は?(選択肢はA~E)」
45番「面会交流で夏休み・冬休みはどうしますか?(○×回答)」
49番「面会交流で中傷表現禁止事項を作りますか?(選択肢は2つ)」

このように離婚公正証書などの作成に必要な情報を掲載しているので、
夫婦(自分)で離婚情報を集める時間は不要となり効率良く話し合いができます。

なお、弁護士法の規定により、相手方との交渉はお引受できません。

+aになる細かい条件も多数掲載しており、○と回答した項目が多い場合、
養育費と面会交流の条件だけでもそれぞれ10個以上になるご依頼者様もいます。

+aの条件とは養育費と面会交流の項目に多く、
これらを検討することで離婚後のトラブル防止や後悔しないことに繋がります。

こういう訳でご依頼者様からは大変好評を頂いております。

詳細は離婚チェックシートとはご覧下さい。

青色の仕切り線

ご依頼者様の声(4名)

離婚公正証書の原案を作成した愛知県の30代女性

愛知県 30代 女性 離婚公正証書の原案

離婚に際し、離婚公正証書の原案作成を依頼しました。

辻先生にお願いして本当によかったと感じています。

【良かった点】

① 離婚チェックシートがあったこと

非常にわかりやすいです。

養育費、面会交流、財産分与・・・等決めることが山積している離婚問題がこのシートにチェックをしていくだけで明確に決まっていきます。

自身では想定していなかった細かい部分についても言及されていて助かりました。

② 離婚後の手続きリストがいただけること

役所でもらうものよりわかりやすいです。

先生から詳細な説明も受けられることも嬉しいです。

③ 先生のお人柄

物腰が柔らかく親切な先生です。

作成中、夫との話し合いが進まず困っていた時に
「どれだけ時間がかかっても構わない」
「離婚協議の時間より離婚後の生活の方が長いから」と、
私が納得できることを優先してくださいました。

依頼者目線で親身になって話をしてくださる姿勢に救われました。

離婚協議書を作成した群馬県の40代女性

群馬県 40代 女性 離婚協議書作成

最初から最後までとても分かりやすく親切でした。

落ち度が多くご迷惑をお掛けしましたが、
常に優しく対応して頂き安心しておまかせすることができました。

また、料金も最初のお話しと変わることなく終了しました。

もしまた何かあれば(無い方が良いのですが)またお願いしたいです。

ありがとうございました。

離婚公正証書を作成した女性

女性 離婚公正証書

はじめはメールで相談し、
次に電話で細かい説明をしてくださいました。

無理に契約させようとするのではなく、
まず公正証書を作るメリット、デメリットから丁寧に教えてくださいました。

無知だった私にはとても有難く、
また、信頼出来る方だなぁと感じました。

世間知らずな私の質問にも嫌な顔せず、
ひとつひとつ答えてくださり、レスも早く、スムーズに進める事が出来ました。

公正証書以外の手続きの事なども調べて
教えてくださったり、とても助かり、心強く思いました。

辻さんにお願いして本当によかったと思いました。

ありがとうございました。

離婚公正証書の原案を作成した女性

女性 離婚公正証書の原案

最初は自分で公正証書の作成をしようとしていたのですが、
色々と調べるうちに面倒になり、委託業者を探していたところに見つけたのが辻先生でした。

HPにもしっかり料金が明記されており、
電話での無料相談の時から非常に優しく対応して頂きました。

実際に依頼してからも、丁寧に教えて下さいました。

作成に必要なチェックリストもシンプルで分かりやすく、
自分で作成していたらもっと時間がかかったと思います。

チェックリストのおかげで、何度も相手と話し合いを重ねずに済み本当に良かったです。

説明に必要な電話連絡も、私の都合に合わせて臨機応変に対応して下さり、本当に助かりました。

料金支払い後にも、いくつか質問してしまったのですが、
丁寧に答えてくださり、非常に心強かったです。

もし行政書士さんを探している人が周りにいたら紹介させてください。

他にご協力頂けたご依頼者様の声はこちらご覧下さい。

青色の仕切り線

無料相談のお問合わせ(全国対応)

離婚協議書や公正証書作成に関するお問合わせ

行政書士辻法務事務所 行政書士 辻雅清

営業時間 平日10:00~17:00
事前予約制ですが土・日・祝、夜間帯の対応も可能です。

電話でのお問合わせ
072-871-9922/090-8886-9922
行政書士の辻雅清が直接対応させて頂きます。

メールでのお問合わせ こちらをクリックして下さい。
クリックするとメール画面が立ち上がります。24時間受付けています。

メールでのお問合わせ後、24時間経過しても返信メールが届かない場合は、
メールの不具合が生じている可能性があるため、再度お問合わせをお願い致します。

事務所所在地 大阪府大東市寺川5丁目18-73

離婚コンテンツのご案内(離婚協議書作成など)
5分で分かる養育費の相場&決め方‐妻の年収別早見表を掲載
安心できる離婚協議書を作成‐書き方や効力、自分で作成する方法
安心できる離婚協議書の作成サービス
ゼロから始める離婚公正証書の作り方
離婚協議書・公正証書の文例(見本)‐具体的な書き方やサンプルを掲載

当事務所では初回無料相談を実施しております。お気軽にご利用下さい。

青色の仕切り線

プロフィール

著者は行政書士の辻雅清

平成20年度の行政書士試験に合格しました。(3度目の挑戦です。)
合格後の準備期間を経て平成22年5月に大阪府大東市にて開業しました。

開業から現在に至るまでご依頼者様とのご縁を大切に考え、
少しでもお役に立てるように日々、自分は何ができるかと考えております。

面会交流で取り決める条件などで悩んでいる皆様に対して、
離婚協議書や離婚公正証書の作成を通じてサポートさせて頂きます。(全国対応)

今現在悩んでいる、疑問点を抱えているという方はお気軽にご相談下さい。

ご連絡をお待ちしております。 行政書士 辻 雅清。

プロフィールの詳細はこちらをご覧下さい。

行政書士辻法務事務所
行政書士 辻 雅清
所属:日本行政書士会連合会(登録番号 第10260068号)
所属:大阪府行政書士会(会員番号 第005810号)
資格:行政書士、MOS(Word・Excel)、日本漢字能力検定2級

事務所:大阪府大東市寺川5丁目18-73
電話番号:072-871-9922/090-8886-9922
主要業務:離婚協議書作成、離婚公正証書原案作成