離婚慰謝料の手続きってどう進めるの?

どうやって進めたらいいか分からない。
この疑問や不安を解消出来るように解説します。

離婚慰謝料の疑問を解決する行政書士の辻雅清

ホームページなどで離婚慰謝料に関する情報を集めたけど、
情報が多過ぎて、手続きの流れや相場が分からないという方が多いです。

Q「慰謝料に相場ってあるの?」
Q「支払方法ってどんなパターンがあるの?」
Q「どうすれば効率良く進めることが出来るか知りたい。」

このような離婚慰謝料に関する疑問の声をよく頂戴します。

このページでは離婚慰謝料の疑問や悩みを解決するために、
離婚公正証書の原案作成などに力を入れている行政書士の辻 雅清が
離婚慰謝料が発生する原因、手続き、相場、支払方法などについて徹底解説します。

【目次】

● 離婚慰謝料とは?
● 不倫が原因の場合は誰に請求出来る?
● 不倫相手に慰謝料請求をする場合の流れ
● 慰謝料の相場と計算方法
● 慰謝料の支払方法
● 慰謝料についてよくある質問
● まとめ

【重要 メールでのお問合わせについて】

メールにてお問合わせを頂いた場合、
受信後、早くて1時間、遅くても24時間以内に返信しております。

ご相談者様がメール送信後、24時間経過しても返信がない場合、
不具合(送信出来ないという通知が届くなど)が起きている可能性があるので、
申し訳ないのですが、再度、別のメールアドレスよりお問合わせを頂きたいです。

又はお電話にてお問合わせ頂けると、確実に対応することが出来ます。

宜しくお願い致します。(令和3年9月7日)

【プロフィール】

2010年5月 大阪府大東市に行政書士辻法務事務所を開業。

開業準備中、社会の厳しさ、自分の考えの甘さを痛感し、
このままではダメだと思っていた時に偶然、友人から離婚相談を受けました。
この相談をきっかけに離婚公正証書の原案作成などに力を入れることになりました。

初志感謝

開業当初の気持ちを忘れず、ご依頼者様への感謝の気持ちを忘れない。
この言葉を大切にして、日々、離婚慰謝料で悩んでいる皆様と向き合っています。

青色の仕切り線

離婚慰謝料とは?

全てのご夫婦が離婚慰謝料について、協議をする必要はありません。
(スマートフォンでご覧の場合は、横回転にすると読みやすくなります。)

不倫慰謝料のご相談はお任せ下さい

離婚の慰謝料とは、婚姻中に配偶者から受けた、
精神的苦痛、肉体的苦痛に対して、お金で解決することを言います。
(例 精神的苦痛に対する慰謝料として、100万円を支払う。)

慰謝料請求の可否は、離婚の原因によって判断されます。
例えば、配偶者の不倫(不貞行為、浮気)や暴力が原因の場合は請求出来ます。
(例 夫が職場の同僚と不倫をしたから、慰謝料を払って欲しい。)

一方、離婚の原因が性格(価値観)の不一致の場合、慰謝料の請求は出来ません。

不倫が離婚原因の場合、↓のように夫婦間で話し合いが出来るので、
事前に慰謝料の情報(相場や支払方法)を集めてから、進めることになります。

妻「不倫をしたから慰謝料を払って欲しい。」
夫「全面的に自分が悪いから、きちんと払います。」

妻「一括で150万払って欲しい。そして離婚します。」
夫「わかった。お金を工面するから、少しだけ時間を欲しい。」

一方、暴力が原因の場合、直接話し合うことが難しい(危険)ので、
弁護士さんへの依頼や家庭裁判所で行われる調停の申立を検討して下さい。

当事務所では不倫を原因とする慰謝料請求のご相談が多いので、
↓では不倫の慰謝料請求(手続き)について、分かりやすくお伝えしていきます。

青色の仕切り線

不倫が原因の場合は誰に請求出来る?

不倫相手への請求は精神的な負担が大きいので、
様々な葛藤はありますが、配偶者への請求を選択する方が多いです。

不倫相手への慰謝料請求は難しいです

【請求相手について】

① 配偶者に請求
② 不倫相手に請求
③ 配偶者と不倫相手(両者)に請求

不倫が原因の場合、請求相手は①~③となります。
そして自分の意思で「誰に請求するか」を自由に決めることが出来ます。

配偶者と慰謝料の協議をした場合、↓のような話が出ることが多いです。

夫「不倫相手には請求しないで欲しい・・・」

慰謝料を多めに渡す代わりに、不倫相手をかばう配偶者が多いので、
複雑な気持ちになりますが、割切って①配偶者に請求するケースが多いです。
(例 不倫相手をかばうのは許せないけど、割り切って、お金をもらおう。)

尚、協議離婚で話し合う条件は慰謝料だけではないので、
親権、養育費、面会交流、財産分与などについても、同時進行で協議します。

そして②不倫相手に慰謝料請求をする場合、
不倫相手が「結婚していた」という事実を知った上で、
不貞行為をしていたという点がポイントになるので、ご注意下さい。
(例 夫が不倫相手に「独身」だとウソをついて不貞行為をしていた。)

補足ですが、配偶者の不貞行為がW不倫の場合、
不倫相手の配偶者から慰謝料請求される可能性も出てきます。

このケースでは、↓のようなリスクがあるのでご注意下さい。

夫「養育費と妻への慰謝料が月10万円なら払っていける。」
夫「不倫相手の夫から慰謝料請求をされて、養育費の支払が厳しい。」

以上のことから、慰謝料請求の前に不倫相手が既婚者か独身かの確認をして下さい。

青色の仕切り線

不倫相手に慰謝料請求をする場合の流れ

不倫相手に請求すると決めた場合は、
自分でする、弁護士へ依頼する、2つの選択肢があります。

不倫相手に対する慰謝料請求の流れ

【請求の流れ】

① 不倫相手に連絡をする
② 慰謝料の金額や支払方法を伝える
③ 不倫相手からの支払い&示談書の作成

不倫相手に慰謝料を請求すると決断した場合、
直接会って交渉する必要があるので、↓のような負担を抱えるかもしれません。

例「不倫相手が挑発的な態度を取る人だったら・・・」
例「不倫相手に収入がない場合、払ってもらえるかな・・・」

又、不倫相手に慰謝料を支払う意思があったとしても、
希望額を受入れるとは限らないので、何度も交渉(会う)する必要があります。

このようなケースでは、弁護士さんへの依頼をお勧めします。
弁護士は代理人として代わりに交渉してくれるので、負担軽減に繋がります。
(注 当事務所では不倫相手に対する交渉はお引き受け出来ません。)

ちなみに不倫相手に請求する場合、弁護士へ依頼しているご依頼者様が多く、
この問題が解決してから、離婚協議書や離婚公正証書作成の準備に入っています。

最後に不倫相手との間で、慰謝料支払の合意が出来た場合は、
将来のトラブルを避けるためにも、示談書の作成が望ましいです。
(例 100万円で合意したのに、一方が違う金額を主張してきた。)

青色の仕切り線

慰謝料の相場と計算方法

協議離婚では夫婦間の話し合いで決定しますが、
お互いが納得出来るまで協議し、現実的な金額で合意して下さい。

慰謝料の相場を解説

慰謝料の支払額(総額)は夫婦間で自由に決めれますが、
↓のような相場を知りたいという疑問を持ち、相談される方が多いです。

Q「慰謝料の相場を知りたいです。」
Q「慰謝料100万円は妥当な金額ですか?」
Q「養育費算定表のような相場を出せる表はありますか?」

正直な話、支払者の経済力に左右されるので、
具体的な支払総額(相場)をお伝えすることが難しいです。

このような事情があり、当事務所のご依頼者様の中でも、
不倫を原因とする慰謝料の支払総額は50~300万円と幅広く分かれています。
(注 これは慰謝料の相場ではないので、参考情報としてご利用下さい。)

では支払総額はどのように計算すればいいのかという話ですが、
文字だけで伝えると分かりにくいので、↓に具体例を1つご紹介します。
(注 具体例についてはご依頼者様の話ではなく、フィクションです。)

【支払総額の具体例】

◇ 支払者の年収を確認する
◇ 離婚後の支払者の生活を考える

先ず不倫を原因とする慰謝料の支払総額を考える場合は、
支払者の年収を考慮した上で、話し合いをして結論を出して下さい。

慰謝料の話し合いでは感情的になるケースが多く、
↓のAさんのように、年収以上の支払総額を請求されることもあります。

Aさん「年収400万円で慰謝料は500万円。」

さらに不倫をした側(A)が、自分の不貞行為を反省している場合、
「自分が悪い」と考えて、現実的ではない支払総額でも受入れがちです。

このケースでは、離婚の時点では納得出来ていても、
Aさんの経済力に見合っていないので、離婚後に未払いになるリスクが高いです。

一方、↓のBさんの支払総額はAさんより少ないですが、
Bさんの経済力に見合っているので、離婚後の未払いリスクは低くなります。

Bさん「年収400万円で慰謝料は100万円。」

仮に「許せない」という気持ちが強く、冷静な協議が難しい場合は、
両親などに同席をしてもらって、冷静な環境を作るという手もあります。

但し、両親が話し合いに参加すると、逆効果になる可能性が高いので、
あくまでも「口を出さない」という姿勢で同席することが大切なポイントです。

以上のことから、不倫を原因とする慰謝料の話し合いでは、
感情的になる気持ちも十分理解出来ますが、現実的な金額を検討して下さい。

「現実的な金額」これが慰謝料の支払総額を考える上で、大切なポイントになります。

当事務所では離婚協議書や離婚公正証書の作成を行っておりますが、
離婚後のトラブル防止を考えて、慰謝料の合意を記載するご依頼者様は多いです。

離婚協議書、又は離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合は、
慰謝料などの条件を記載した離婚チェックシートの送付から始めています。
全13ページで63個の条件(養育費、面会交流、財産分与など)を記載しています。

離婚協議書についてはこちら、離婚公正証書についてはこちらをご覧下さい。

離婚チェックシートがあれば離婚条件の情報を集める時間を省略出来るので、
離婚協議書や離婚公正証書の完成、離婚届を提出する時期を早めることが出来ます。

つまりこのページや他のページを読んで情報を集める必要はありません。
詳細は離婚チェックシートとはご覧下さい。

青色の仕切り線

慰謝料の支払方法

慰謝料の話し合いでは支払方法も大切なテーマです。
支払者の経済状況を考慮した上で、慎重に決めて下さい。

慰謝料の支払方法は大切なテーマです

上述の通り、協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるので、
慰謝料の支払方法についても、夫婦間の自由な意思で決定出来ます。

慰謝料の支払方法は一括払い、分割払い、2パターンあります。

【一括払いのポイント】

◇ 理想的な支払方法
◇ 離婚前に受取ることが重要

慰謝料の支払方法が一括払いの場合、未払いのリスクがありません。
つまり理想的な支払方法だと言えますが、↓のように現実的には難しいです。

夫「不倫をした自分が悪い。慰謝料は一括で払いたい。」
夫「けど、預貯金もないし、両親に借りることも出来ないから難しい。」

こういう訳で現実的には一括払いではなく、分割払いになるケースが多いです。

ちなみに慰謝料を一括で受取る場合は、トラブル防止の観点から、
「離婚前に受取る」ようにして下さい。離婚後だと未払いのリスクを抱えます。

つまり離婚前に受取って、その後に離婚届を提出。これが理想的な流れです。

Q「離婚後に一括で受取る場合、何か未払い対策はありますか?」

未払い時に強制執行が出来る、離婚公正証書の作成をお勧めします。
支払者の財産(預貯金など)を差押えて、慰謝料を回収することを強制執行と言います。

この離婚公正証書については、分割払いのケースでも作成をお勧めします。

【分割払いのポイント】

◇ 支払始期(いつから)
◇ 支払総額
◇ 毎月の支払額
◇ 支払日
◇ 振込先

先ず慰謝料の支払始期(いつから)については、
離婚が成立した月、又はその翌月スタートにするケースが多いです。

但し、養育費の支払始期の考え方とは違う点もあって、
支払者の経済状況を考慮した上で、支払始期を遅らせるケースもあります。
(例 自動車ローンが残り2回だから、3か月後から慰謝料を払い始める。)

このように慰謝料の支払始期について、揉めるご夫婦は少ないです。

次に慰謝料の支払総額については、夫婦間の協議で決めるので、
↓のような交渉を重ねて上で、現実的に払える金額を決めることになります。

妻「慰謝料は150万円払って欲しい。」
夫「自分が言える立場ではないけど、100万円でどうかな?」

妻「それだと納得出来ないから、120万円にして欲しい。」
夫「分かりました。慰謝料120万円を支払うことを約束します。」

慰謝料の支払総額(相場)に関する詳細については、
上述の通りなので、割愛させて頂きます。詳しくはこちらをご覧下さい。

次に慰謝料の支払総額について合意が出来れば、
↓のように、毎月の支払額を話し合いで決めていくことになります。

妻「毎月5万円の24回払いでいいかな?」
夫「養育費の支払もあるし、生活が出来なくなる・・・」

慰謝料を受取る立場からすると、支払回数を短くしたいと考えますが、
支払者の経済状況を考慮した上で決めないと、結局は未払いへと繋がります。
(例 離婚後は慰謝料以外に養育費、自動車ローンの支払もある。)

離婚原因が不倫をした夫にあるといっても、
収入と支出のバランスを欠いた支払額で合意した場合は、
時間の経過と共に、↓のような気持ちになる可能性が十分考えられます。

元夫「毎月、生活が厳しいな・・・」
元夫「もうどうなってもいいかな・・・」

こういう訳で、慰謝料の未払いというリスクを避けるためには、
支払者が「投げやりな気持ちにならない」ような支払額にすることが大切です。

養育費の相場を考える時も同じですが、開き直りが一番怖いのでご注意下さい。
養育費の詳細についてはこちらをご覧下さい。

慰謝料の分割払いでは、毎月の支払額が最重要ポイントになります。

次に慰謝料の支払日については、協議で揉めるケースは少なく、
一般的に支払者の給与日から5日以内に設定するご依頼者様が多いです。

ちなみに給与日を慰謝料の支払日にした場合、
振込が間に合わない、というリスクがあるのでご注意下さい。

最後に慰謝料の振込先については、自分名義の口座になります。

青色の仕切り線

慰謝料についてよくある質問

不安や疑問を一つ一つ丁寧に解消することが、
離婚した後に後悔する可能性を低めることに繋がります。

慰謝料のQ&A

Q1「慰謝料の話し合いをスムーズに進める方法はありますか?」

先ずはインターネット、書籍、専門家などから情報を集めて、
相手に何を伝えるかという、自分の希望をまとめることから始めて下さい。
(例 慰謝料の支払総額、支払方法、離婚協議書や離婚公正証書作成の有無。)

不倫を原因とする慰謝料の話し合いでは、感情的になりやすいので、
信頼出来る人の同席など、冷静な協議が出来る環境を整えることも大切です。

Q2「慰謝料を一括で受取るデメリットはありますか?」

慰謝料を確実にもらえる方法なので、デメリットはありません。

但し、離婚後に一括で受取る場合、未払いのリスクがあるので、
必ず慰謝料全額を受取った後に、離婚届にサインをするようにして下さい。

Q3「慰謝料は分割払いになりますが、払ってくれるか不安です・・・」

慰謝料を支払う場合、支払者の経済力に左右されるので、
現実的には一括払いは難しく、分割払いになるケースが多いです。

この不安を軽減する方法として考えられる手は、
合意した条件(内容)を書面(離婚協議書や離婚公正証書)に残すことです。

特に離婚公正証書には強制執行力があるので、支払の約束を破った場合、
裁判所の判決を経ずに、財産の差押えが出来るので、慰謝料の支払率が上がります。

Q4「慰謝料を手渡しで支払ってもいいですか?」

慰謝料を手渡しで支払うことは問題ありません。
(例 子供との面会交流の時に、慰謝料を現金で渡す。)

但し、「渡した(受取っていない)」というトラブルも起きやすいので、
慰謝料を渡したら、受取ったことを証明する書面を作るようにして下さい。

尚、慰謝料を振込で支払う場合、控えが残るので、このような問題は起きません。

Q5「離婚原因が不倫の場合、全ての財産をもらってもいいですか?」

離婚原因が不倫の場合、裏切られたという気持ちが強くなり、
「全ての財産が欲しい」と考えがちですが、この考えは間違いとなります。

協議離婚では養育費、慰謝料、財産分与などについて協議します。
これらはリンクするように見えますが、基本的には個別に考えることになります。

つまり離婚原因が何であれ、慰謝料と財産分与の協議は分けて行います。
財産分与の話し合いを終えた後に、慰謝料の話し合いを始めるケースが多いです。

養育費は子供のお金、財産分与は婚姻中に蓄えた財産の分配、
慰謝料は精神的苦痛に対するお金の支払、それぞれがリンクすることはありません。

Q6「不倫相手に慰謝料を請求する人は多いですか?」

当事務所では不倫相手ではなく、配偶者へ請求するご依頼者様が多いです。
理由は上述の通り、不倫相手に会うといった、精神的な負担を抱えるためです。

ただ不倫相手に請求している人が0という訳ではないです。
ただ自分で請求する方は少数で、弁護士へ依頼をして請求している方が多いです。

ちなみに不倫相手に対する慰謝料請求は、夫婦間の離婚協議の前、
つまり離婚協議書や離婚公正証書の作成前に終えているケースが多いです。

Q7「慰謝料請求に時効はありますか?」

基本的に不倫の事実を知った時から、3年以内に請求する必要があります。

青色の仕切り線

まとめ

離婚慰謝料の手続きや進め方で悩んでいるあなたへ
1人で全てを抱え込まず、いつでもお気軽にご相談下さい。

離婚慰謝料で悩んでいる方に伝えたいこと

お忙しい中、離婚慰謝料に関するページを
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

離婚慰謝料が発生する原因、手続き、相場、支払方法などを説明しました。
「どう進めたらいいか分からない」という状況が少しでも緩和されれば幸いです。

協議離婚での慰謝料は話し合いで進めることになり自由度は高いですが、
その代わり「自己責任」を伴うので、後悔しないように慎重に進めて欲しいです。

離婚協議の時間より、離婚後の人生の方がはるかに長いです。
この視点を持って、忘れずに、離婚慰謝料の準備を進めて下さい。

「お金が絡む問題だから難しい。」
「効率良く、二度手間にならないように進めたい。」

今このようなお悩みがあれば、一度お問合わせ下さい。
離婚協議書や離婚公正証書作成を通じて、サポートすることが出来ます。

当事務所では初回無料相談(面談、電話、メール)を実施しております。
相談中、相談後に依頼を求めるような行為はしないのでご安心下さい。→ 無料相談

お待ちしております。 行政書士辻法務事務所 代表 辻 雅清。