離婚協議書を作らなくても良いですか?

各ご夫婦の意思で作る・作らないの判断が出来ます。
(スマートフォンでご覧の場合は、横回転にすると読みやすくなります。)

私が責任を持って離婚協議書を作ります

離婚にはご夫婦の話し合いで結論を出せる協議離婚や、
裁判所が関与する(間に入る)調停や裁判離婚等があります。

【離婚で話し合うこと】

① 離婚の意思の確認
② 親権者の決定
③ 養育費・面会交流の協議
④ 財産分与・慰謝料の協議
⑤ 年金分割の協議

意外に知られていませんが、協議離婚の成立を目指す場合、
最低限①離婚の意思と②親権者の決定の合意さえ出来れば、離婚届は受理されます。

つまり ③~⑤の合意がなくても協議離婚は成立しますが、
現実的には全ての協議後(特に養育費)に離婚届を提出するご夫婦が多いです。

【合意した内容の終わり方】

① 口約束で終える
② 離婚協議書(書面)に残す
③ 離婚公正証書(書面)に残す

協議を終えて合意した内容については、①~③の選択肢の内、
各ご夫婦の自由な意思でいずれかを選んだ上で離婚することになります。

「養育費は毎月3万円支払う。」
「面会交流は月に1回で第2土曜日に実施。」

このような時間をかけて合意した内容について、
口約束で終えることも、離婚協議書という書面に残すことも自由に決定出来ます。

当事務所は離婚協議書作成に自信があり、
ご縁を頂いたお客様に対して8つのサービスを提供させて頂きます。 → 8つのサービス

青色の仕切り線

分からないことが分からない

多数の方が分からない状況から始めています。
正確な情報を集めて、1つ1つ壁を乗り越えていくことが大切です。

チェックシートを使って離婚協議書を作ります

ゴール(離婚協議書を作成した後に離婚届を提出)が見えていても、
過程(何から始める?何を話し合う?)が分からずに悩む方が多いです。

【何から始めるのか】

◇ 現在の状況を客観的に確認
◇ 協議離婚の情報や知識を集める

協議離婚はご夫婦の話し合いをベースに進める離婚なので、
協議が出来る状況(環境)であるかの判断から始めることになります。
(相手に離婚意思がない・暴力癖がある場合は協議離婚の成立が困難です。)

【何を話し合うのか】

「養育費の相場ってあるのかな?」
「面会交流って何を決めたら良いのかな?」
「独身時代の貯金って財産分与するのかな?」

このように各ご夫婦によって考えることが異なるので、
離婚情報を集めた後に必要・不要の判断を行い協議を開始することになります。

【離婚チェックシートについて】

◇ 計13ページ63項目を掲載
◇ 協議離婚に必要な情報を全て網羅
◇ チェックシートを元に離婚協議書を作成

当事務所では離婚協議書作成のご依頼を頂いた場合、
これまでの経験を全て反映した離婚チェックシートをお渡ししております。

チェックシートがあれば、情報を集める時間を短縮出来るので、
「離婚情報を集める自信がない。」という場合はお気軽にお問合わせ下さい。
(注 チェックシートのみの販売は行っておりません。)

当事務所ではチェックシート+十分なヒアリングを通じて、
各ご夫婦の意向に沿ったオリジナルの離婚協議書を作成させて頂きます。

青色の仕切り線

離婚協議書のメリットについて

口約束に比べるとメリットが多いです。
メリットを知った上で作る・作らないの判断をして下さい。

離婚協議書には3つのメリットがあります

【離婚協議書のメリット】

① 証拠として残る
② 離婚後のトラブル防止に役立つ
③ 約束を忘れないという意識付けが出来る

合意した内容を書面(離婚協議書)に残すことで、
①~③のメリットが生まれ、これが口約束で終える場合との違いとなります。

【証拠として残る】

妻「養育費を払ってくれた?」
夫「支払日は10日後だろ?」

離婚後、合意した内容についての対立が起きた場合、
離婚協議書を見れば、どちらが間違っているのか直ぐに分かります。

【トラブル防止に役立つ】

妻「養育費が少ないんだけど・・・」
夫「約束通りのお金を振込みました。」

このように 養育費の金額をごまかせないので、
口約束の場合に起きやすい水掛け論を事前に防ぐことが出来ます。

【意識付けが出来る】

夫「月3回は子供たちに会いたい。」
妻「まだ幼いから月2回にして欲しい。」

離婚協議書は時間をかけて協議した結果出来るものなので、
簡単に作れるものではなく、様々な壁を乗り越えて出来るものです。

このように口約束と比べると 協議という過程を大切にしているので、
「子供の為に約束は守ろう。」といった強い意識付けが出来るようになります。

離婚協議書はご夫婦、又は行政書士が作ることが出来るので、
分からないことがあれば、ご依頼の有無に関わらすお気軽にご相談下さい。 → 無料相談

青色の仕切り線

離婚コラム

離婚に役立つ情報を掲載しています。
54回目のテーマは「離婚を考えている人と経験者の関係」です。

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚を考えた時や悩んだ時に
近くに離婚経験者の方がいれば、頼ることが出来ます。

【離婚経験者に頼る】

① 離婚情報を持っている
② 失敗談を聞くことが出来る
③ 進め方は参考程度にする

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めることになるので、
自分で離婚の情報を集めてから、協議を開始することになります。

離婚情報は多種多様であり、整理することも大変なので、
離婚経験者に相談することが出来れば、効率が上がる可能性が高いです。
(例 養育費の金額・支払日・支払方法・始期・終期等)

特に離婚後の手続き(児童扶養手当の申請等」に関しては、
申請内容に差が生じることが少ないので、積極的に相談をして下さい。

「○○も話しておけば良かった・・・」

離婚後、協議のやり直しを行うことは可能ですが、
相手の承諾が必要となるので、現実的に実現の可能性は低いです。

つまり離婚時の協議でどれだけ詰めれるかが勝負なので、
このような状況を避ける為にも、失敗談の話は有益な情報となります。

「積極的に話していきたい。」
「言葉にするのは苦手なので、書面で伝えたい。」

最後に離婚協議の進め方(やり方)に関しては、
このように各々の性格に左右されるので、参考程度にして下さい。

こういう訳で近くに離婚経験者がいれば、力強い存在になってくれます。

【関連記事】
◇ 離婚を考えている人と親の関係
◇ インターネットと離婚の関係
◇ 行政書士と離婚の関係
◇ 司法書士と離婚の関係
◇ 弁護士と離婚の関係
◇ 公証役場と離婚の関係

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚関係者 2017/02/23】