養育費のトラブル(現金手渡し)

離婚問題はお任せ下さい

今回は養育費トラブル(手渡し編)を具体例を用いて説明します。
(過去の記事、「口約束編」「未払い編」「面会交流編」もご覧下さい。)

【養育費の支払方法】

◇ 銀行振込
◇ 手渡し

夫婦間の協議で養育費の支払方法を決定出来るので、
利用される方が多い銀行振込ではなく、手渡しを選択することも可能です。

手渡しを選択する理由(近況を知る等)はいくつか考えられますが、
当事務所では、離婚後のトラブルを防ぐ為にもお勧めはしていません。

過去、養育費の支払いを手渡しで合意したご依頼者様はいません。
当事務所では離婚協議書、又は離婚公正証書の原案を作成しています。
夫婦間で合意した条件を書面化することで、離婚後のトラブル防止に繋がります。

離婚協議書の詳細はこちら、離婚公正証書の詳細はこちらをご覧下さい。

【手渡しのリスク】

◇ 支払日がルーズになる
◇ 悪意のある嘘をつける

養育費の協議では具体的な支払日(毎月20日)を決定しますが、
手渡しの場合、状況変化によって支払日のズレが生じやすくなります。

「残業だから渡しに行けない。」
「父が入院したから貰いに行けない。」

このような状況だと支払いを「待つ」ことになり、これが癖になると、
「支払日を守らなくても良い」というルーズな気持ちが生まれてきます。

この気持ちが養育費の未払いへ繋がることも十分あり得ます。

【悪意のある嘘】

妻「養育費まだ貰ってません。」
夫「一週間前に渡したじゃないか。」

銀行振込の場合は「控え」という証拠が残りますが、
手渡しだと残らないので、妻に悪意があればこのような嘘を言えます。

控えの代わりに「受取書」を貰えれば良い話ですが、
支払日と同じで「今回はなくても良い」といったルーズな対応を取りやすくなります。

こういう訳で養育費の支払いは銀行振込をお勧めします。

ちなみに 慰謝料財産分与の支払いでも同じことが言えます。

離婚協議書、又は離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合は、
養育費などの条件を記載した離婚チェックシートの送付から始めています。
全13ページで63個の条件(特に養育費、面会交流が多い)を記載しています。

離婚チェックシートがあれば離婚後のトラブルに関する情報収集は不要です。
つまりこのページ(養育費を手渡しで払うリスク)や他のページを読む必要はないです。

詳細は離婚チェックシートとはをご覧下さい。

【関連記事】
養育費ってどんなもの?
養育費の支払方法
養育費の支払率を上げる方法
養育費の再協議
5分で分かる協議離婚
協議離婚が選ばれる理由
協議離婚の成立条件

養育費についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる養育費

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【養育費 2016/11/18】