離婚公正証書の特徴&メリット

心理的プレッシャーを与え強制執行が出来るのが離婚公正証書です。
当事務所ではプレッシャーを与える原案作成に力を入れております。

離婚公正証書を代理人として作成します

離婚公正証書は全国各地にある公証役場で作ることが出来ます。

公証役場には公証人という法務大臣が任命した公務員がおり、
公証人が作成した離婚公正証書は公文書となり信頼出来る書面になります。

離婚公正証書を作る場合、公証役場に対して
作成手数料の支払いが生じますが、それに見合うメリットがあります。
(手数料は合意内容で決まり、平均3万円程度かかるお客様が多いです。)

【離婚公正証書のメリット】

① 強制執行(差押え)が出来る
② 心理的プレッシャーを与える
③ 証拠として残る
④ 離婚後のトラブル防止に役立つ
⑤ 約束を忘れないという意識付けが出来る

合意した内容を書面(離婚公正証書)に残すことで、
①~⑤のメリットが生まれ、これが口約束で終える場合との違いとなります。

【強制執行が出来る】

夫「今月厳しいから払わないでおこう。」
妻「入金ないから差押えの手続きに入ろう。」

離婚公正証書には①強制執行力がある為、
約束した支払いを怠ると、裁判所の判決を経ずに差押えが出来ます。

この「強制執行力の有無」離婚協議書との違いとなります。

【心理的プレッシャーを与える】

夫「強制執行されると会社にバレるな・・・」
夫「上司にも知られて印象悪くなるな・・・」

仮に給与を差押える場合、勤務先に知られる為、
こういった②プレッシャーを与えることが出来、支払率の向上に繋がります。

離婚公正証書を作る場合、費用はかかりますが、
心理的プレッシャーと強制執行という「2段構えのメリット」が生まれます。

尚、③~⑤のメリットについては、
離婚協議書と同じ内容なのでこちらをご覧下さい。 → 離婚協議書のメリット

【当事務所の考え】

「強制執行は最終手段。」
「先ずは心理的プレッシャーを考える。」

当事務所ではこの考えを実現する為に十分な打合せを行い、
心理的プレッシャーを与える離婚公正証書の原案を作ります。 → 8つのサービス

青色の仕切り線

離婚公正証書の作成は自由です

作る・作らないの判断は自由ですが、
後悔しない為にも、メリットを知った上で判断をして下さい。

離婚公正証書の作成は任意です

離婚にはご夫婦の話し合いで解決出来る協議離婚や、
裁判所を介して解決を図る離婚(調停や裁判等)があります。

【離婚で話すこと】

① 離婚意思の有無
② 親権者の決定
③ 子供のこと(養育費・面会交流)
④ お金のこと(慰謝料・財産分与)
⑤ 年金分割の協議

意外に知られていませんが、協議離婚の成立を目指す場合、
①離婚意思と②親権者の決定の合意さえ出来れば、役所は離婚届を受理します。

つまり③~⑤の合意が出来ていなくても協議離婚は成立しますが、
現実的には全ての協議後(特に子供のこと)に離婚届を提出するご夫婦が多いです。

【合意した内容の終え方】

① 口約束で終える
② 離婚協議書(書面)に残す
③ 離婚公正証書(書面)に残す

合意した内容については、①~③の選択肢の内、
各ご夫婦の自由な意思でいずれかを選んだ上で離婚することになります。

「養育費は毎月15日に4万円支払う。」
「面会交流は月に1回で第1日曜日に実施。」
「財産分与として預貯金を50万円貰った。」

このような時間をかけて合意した内容について、
口約束で終えることも、書面(離婚公正証書)に残すことも自由に決めれます。

【離婚協議書との違い】

① 作成者が異なる
② メリットが異なる

離婚協議書はご夫婦又は行政書士が作れますが、
離婚公正証書は公証人しか作る(原案はご夫婦又は行政書士)ことが出来ません。

離婚公正証書の方がメリット(強制執行等)が多いので、
書面に残したい場合は、「離婚公正証書の完成を目指す」ことをお勧めします。
(離婚協議書は離婚公正証書が作れない時の次善の策だとお考え下さい。)

離婚公正証書を作っても「100%安心」とは言えません。
当事務所ではご依頼前にデメリットもお伝えさせて頂きます

大切なことは「どうやって100%に近い離婚公正証書を作る」かです。

青色の仕切り線

お客様の声

離婚公正証書の作成を考えている皆様の参考になれば幸いです。
(ご多忙の中、任意のご協力ありがとうございました。)

離婚公正証書を作った20代の女性

20代 女性 A様 離婚公正証書

辻さんに担当してもらいました。

第一印象は無愛想な方かと思いましたが、
話してみるととても気さくな方で、
分からないことは全て丁寧に対応してくれました。

こんな行政書士さんはこれから出会うことはないと思います。

第二の人生に光が差しました!

心をこめて・・・
本当にありがとうございました *^_^*!!

他にご協力頂けたお客様の声はこちらをご覧下さい。

青色の仕切り線

分からないことが分からない

多数の方がゼロから始めています。
冷静に1つ1つ見ていけば少しずつ進むので、安心して下さい。

チェックシートを使って離婚公正証書を作ります

ゴール(離婚公正証書完成後に離婚届を提出)が分かっても、
過程(何から始める?何を話し合う?)が分からずに悩む方が多いです。

【何から始める?】

◇ 現在の状況を把握
◇ 離婚情報や知識を集める

協議離婚はご夫婦の協議をベースに進める離婚なので、
協議が出来る環境であるかの判断から始めることになります。
(相手に離婚意思がない・暴力癖がある場合は協議が難しいです。)

【何を話し合う?】

「養育費っていくら位が妥当かな?」
「面会交流の時は私も同伴出来るかな?」
「独身時代の貯金って財産分与するのかな?」

このように各ご夫婦の状況によって協議内容も変わるので、
離婚情報を集めた後に必要・不要の取捨選択を行い協議を始めることになります。

【離婚チェックシートについて】

◇ 計13ページ63項目を掲載
◇ 離婚に必要な情報を全て網羅
◇ チェックシートを元に離婚公正証書を作成

当事務所では離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合、
これまでの経験を元に作った離婚チェックシートをお渡ししています。

チェックシートがあれば、情報を集める必要がなくなるので、
「少しでも早く完成したい。」という場合はお気軽にお問合わせ下さい。
(注 チェックシートのみの販売は行っておりません。)

当事務所ではチェックシートと十分なヒアリングを通して、
各ご夫婦の希望を満たしたオリジナルの離婚公正証書を作ります。無料相談